葬儀や法要の際にお寺に渡すお金のことをお布施といいますが、葬儀の際に多くの方が悩んでしまうといわれているのがこのお布施に関すること。そこで、いくらくらい包んだらいいのか、どうやって渡したらいいのかなど、皆さんのお悩みにお答えします。

お布施とは

そもそもお布施というのは、お経をあげてもらったことに対する感謝の意を表すもので、ご本尊に捧げるものです。決してサービスや労働に対する対価ではないので、1回いくら、などというように金額が決まっているものではありません。以前の相場には大きな差があったようですが、出来る限り感謝の気持ちを表したい、という意味を持っているので、差し出した人にとっては高価なものであったといいます。

しかし、最近はある程度の基準ができてきました。お布施はそのお寺などの維持費になりますので、ある程度の金額が必要になります。また、人によって大きな差が生じるとトラブルの元になり兼ねませんし、他の人と違うことに不安を覚える方もいます。このような背景により、お布施にはある程度の相場が生まれたのです。

お布施の相場は?

ある程度の相場があるとはいえ、やはり個人によって金額に対する価値には違いがありますし、地域によっても考え方が異なります。下記に相場をお伝えしますが、幅があるのは事実ですので、あくまでも参考としてご活用いただければと思います。

通夜・葬儀における相場

東京周辺の相場 ⇒ 20万円から40万円程度
関西周辺の相場 ⇒ 20万円から25万円前後

法要における相場

四十九日法要   ⇒ 3万円から1万円前後
一周忌法要    ⇒ 3万円から5万円前後
三回忌以降の法要 ⇒ 1万円から5万円前後
納骨法要     ⇒ 1万円から5万円前後
祥月命日の法要  ⇒ 5千円から1万円前後
お盆法要     ⇒ 5千円から1万円前後
お彼岸法要    ⇒ 3万円から5万円前後
お彼岸法要(合同)⇒ 3千円から1万円前後

お布施の渡し方は?

ご本尊に捧げるお布施は、お経をあげてくださった僧侶に渡しますが、「いつ渡すのが正しいのか」というお悩みが多いようです。基本的には、葬儀の前、もしくは葬儀のあとのどちらかとなり、挨拶時にお礼の言葉(本日はありがとうございます、よろしくお願いいたしますなど)を伝えるのとともにお渡しするのがよいでしょう。

また、渡すときにもマナーがあります。無造作に渡すのではなく、きちんとお盆にのせて渡すようにしましょう。もしくは、袱紗(ふくさ)に包んでおいて、渡す際に取り出すという方法でも差支えありません。このとき、包み方(袱紗は角が上下左右に向くように広げ、封筒を右、下、上、左の順に追って包む)に注意することが大切です。なお、お盆は葬儀社にお願いすれば準備してくれるところもあるようです。

お布施の包み方は?

お布施は、まず中包み(中袋)に入れ、上包み(奉書紙)に包んで渡します。包む際は、折り返した上側に、下側を被せるように包んでください。水引は、地域でつける風習がある場合を除き、基本的にはつけません。なお、上包みの折り方は、慶事の際の折り方と同じです。また、一般の無地の白封筒(郵便番号欄のないもの)や、既に表に「お布施」などと印刷されている封筒を使用することも可能で、その場合は中袋は不要となります。

表書きの書き方は?

中包み(中袋)の表の中心に金額を記入し、中袋裏の左側に住所、氏名を書きます。金額の書き方ですが、漢数字は旧字体を使用してください(一は壱、二は弐、三は参など)。上包みには、基本的に「お布施」「御布施」と書きますが、何も書かなくても差支えありません。

お布施は心を表すもの。ご紹介した相場、マナーを把握し、失礼のないように渡すようにしましょう。