ある程度年を重ねると、「法事」や「法要」に参加するだけではなく、自分で主催をして、親族や知人に来てもらうようになります。特に自分の両親が亡くなるような年令になると、「法事」を行うようになりますが、実際にいつまで「法事」を行う必要があるのかということは、実際のところわからないと考えている人は多くいると思います。例えば、一が亡くなった場合に、初七日から始まって、1回忌等があるということは知っているけれども、その後は一般常識として、どういう法事があるのかということは知っておきたいところですよね。そこで、実際に法事はいつまで行う必要があるのかということをご案内したいと思います。

法事とは何か

そもそも法事とは何かということを先ず考えていきたいと思います。法事は亡くなった人の冥福を祈るために行う仏教の儀式です。法要は読経などを行い、その後に行われる会食であるお斎を含めて法事と呼びます。そこで、法事は、故人の魂が極楽浄土に行けるように祈ることはもちろん、現在では故人を偲ぶための機会としても行われています。

どのような法事があるのか

では、実際に人が亡くなった後に行われる法事にはどのような種類があるのかご説明をします。まず、法事で一番忙しいのは、亡くなった年です。亡くなった年には様々な法事があり、先ず初七日というものがあります。最近は葬儀と同じ日に同時に行われることが多いのですが、実際には、まず亡くなって7日目に法要を行います。その後四十九日がありますけれども、実はこの四十九日はとても大事な法事になります。まず、仏教で言うと亡くなってから四十九日間を「中陰」と言います。この中陰の期間において、閻魔大王による裁きが七日ごとに行われます。これはどういう裁きがあるのかというと、故人が極楽浄土に行けるか否かが決定する裁きになります。そして最後の判定が下される四十九日目が「忌明け」となります。この四十九日には、遺族や親族、友人や知人も列席する法事になり、お坊さんによる読経が行われた後、全員で焼香やお斎を行います。この日に位牌に魂を入れたり、お墓に納骨することも多いため、特に重要な法事と言えるでしょう。納骨が終わった後、ホテルのレストランなどで食事会を行うなどして、個人を偲びます。法事に関しては、この後様々な機会がありますが、この四十九日がもっと大規模なものとなります。

四十九日が終わると、亡くなった人の命日から100日目に100日法要を行います。このときは、四十九日のように多くの人を招くのではなく、身内で行います。100日法要の趣旨としては、悲しみにくれるのを止める日とされています。また、お盆も仏事の大事なイベントですよね。この日は、亡くなった方が一年に一度親族のところに帰ってくるとされていますが、亡くなった人が初めて迎えるお盆は、初盆といい、こちらも多くの人を招いてお坊さんを呼んで読経をしてもらうなど、法事を行います。

三十三回忌を年忌止め

この後、どのような法事があるのかというと、先ず三回忌。こちらは亡くなってまる2年後に行う法事です。次が七回忌。こちらは亡くなって6年後に行います。迷うのは、次はどうしたら良いのかということですが、細かい決まりはありませんが、風習としては、十三回忌(丸12年後)、十七回忌(丸16年後)、二十三回忌(丸22年後)、二十七回忌(丸26年後)、三十三回忌(丸32年後)と続き、三十三回忌を年忌止め(弔い上げ)と言い、これでいわゆる仏事のイベントしての法事は打ち切りにする場合が慣例です。どうして三十三回忌を年忌止め(弔い上げ)とするのかと言うと、三十三回忌を「清浄本然忌(しょうじょうほんねんき)」と言い、亡くなった方が諸仏の位に同化する年とされているからです。あとは、実務的に法事の主催者が年齢を重ねていくために、現実的に法事を主催しにくくなると言うのもあります。